野村芽里

書道家・パフォーマー

About

略歴

金沢市生まれ
6 歳から祖母に習字を学ぶ。 同時期よりクラシックバレエを習う。
学生時代は看護師を目指し、大学では看護を専攻

2000~2008
母の師である、高木聖雨氏に師事。書の道を志す。
東京の大学病院にて看護師を経験。

2009
金沢にて書道、クラシックバレエの指導に携わる。
青蓮会書道教室学生部を主宰

2019
バレエと書を融合させ、書く美しさを追求した揮毫パフォーマンスや、書くことそのものの楽しみを感じてもらうためのワークショップ等を行う
Meri Ballet Art School を主宰
2020
5 月オンライン書き方サロン開設
9 月台湾にて金沢市主催の文化交流
イベントで揮毫パフォーマンス予定

授賞歴

謙慎書道会評議員
謙慎書道展 入選 (2015~2019 年)
うち秀逸 4 回

特選謙慎賞(2019、2020)
読売書法展 入選(2015~2019 年)
うち秀逸 1 回(2018)
石川の書展入選
他多数

揮毫等

石川護国神社で奉納揮毫(2019年9月)

終戦から 75 年余、これから戦争を体験していない私たちが、次世代に向け平和を訴え
るときにどのような言葉を使えばいいのか、どうすれば感じてくれるかを思いながら言葉を丁寧に選びました。
弓道の精神にもある「真善美」を中心に、本当の平和とは何かを揮毫させていただきました。
「真とは誠 善とは愛 美とは調和 自然にかえり 命そのものの尊さに気付くこと 心が一つに繋がって思いあうこと」